便秘が原因で起こる「痔」

妊娠時の便秘による「痔」の予防と対策法

妊娠時の便秘が原因で痔になってしまう、
というケースは少なくありません。

 

ですから逆に言えば
「妊娠時の痔の最大の予防法は、便秘を改善すること」
となるのですが、便秘を改善できたとしても、「妊娠している」というだけで肛門付近がうっ血しやすくなっている、という体のメカニズム的な条件もあることから、「便秘の改善をすれば痔が100%防げる、とは限らない」というのも実情です。

 

ここでは「便秘改善」以外の面での痔の予防法や、
万が一、痔になってしまった時はどうすればいいか、
その対策についてお話ししましょう。

シャワートイレを活用しよう!

 

 

痔を予防する効果的な方法として挙げられるのが、
シャワートイレの活用です。

 

トイレットペーパーで拭くよりも、シャワートイレの温水で洗うほうが、
肛門周りへの刺激ははるかに少なくなるんですよ。

 

また、シャワートイレは「洗い流す」という性質上、
ペーパーで拭くよりも肛門周りを清潔にできるというメリットもありますよ。

 

あと、「シャワーの勢いはあまり強くしない」
というのも、忘れてはいけないポイントです。

 

常に強すぎるほどの水圧でシャワートイレを使用していると、
それがかえって
肛門周りの皮膚を痛め、炎症を起こすことで痔を誘発してしまう可能性
すらあるのです。

 

痔の予防のためのシャワートイレが逆効果となってしまっては意味がありませんからね。あくまでやさしく洗い流すようにしましょう。

 

お風呂で血行促進!

 

妊娠時は、おなかの赤ちゃんが大きくなるとともに子宮による圧迫が強くなり、これによって肛門周りもうっ血しやすくなりますから、「うっ血しがちな肛門周りの血行を促進する」というのも、痔の予防に大いに役立ちます。

 

入浴時は必ず湯船につかり、しっかりと体を温めましょう。また、湯船につかっている間に
肛門周りをやさしくマッサージしておくと、
うっ血解消・血行促進により効果的です。

 

それでも痔になってしまったら?

 

さて、こうした工夫を頑張っても「痔になってしまった」という場合はどうすればいいのかというと。

 

妊娠時に痔になっても、基本的にはあまり積極的な治療はできません。たとえ医師に治療をお願いしたとしても「塗り薬等で痛みをやわらげる」というのがほとんどで、外科手術に踏み切るケースはごく一部ですね。

 

さらに、外科手術に踏み切る場合であっても、本格的な手術ではなく、
「血が固まっているところだけを摘出する」など、当面の対処をするだけ、というケースがほとんどです。
やはり妊娠時の本格的な外科手術はリスクが高いので、避けられる傾向が強いということですね。

 

ですから妊娠時に痔になってしまった場合は、
「炎症を抑えるための薬をつけながら、シャワートイレを活用して痛みをやわらげ、
これ以上の痔の悪化を防ぐ」

というのが基本になります。

 

「痔になってしまった」と思ったら、産科・産婦人科での健診の際に医師に相談してみましょう。薬は医師が処方してくれることが多いですが、医師から許可を得た市販の消毒薬や鎮痛剤等を使う、というケースもありますよ。