便秘を放置する危険性

妊娠時の便秘を放置する危険性とは

「妊娠時は便秘になりやすいのが当たり前」と聞くと
「当たり前のことなんだったら、放置しておいてもいいんじゃないの?どうせ、出産したら便秘も治るんだし・・・」
と思ってしまう人も少なくありません。

 

ですが、この考えは実は「ダメな考え」です。
妊娠時の便秘を放置しておくと、さまざまな問題を生み出してしまいやすいんですよ。

 

妊娠時の便秘、放置すると痔になりやすい!?

 
妊娠時の便秘を放置しておくことで、
痔になってしまうリスクが飛躍的に高くなってしまいます

 

普通の便秘でさえ
「いきんで硬い便を出そうとすることで
肛門がうっ血して痔になりやすくなる」

 

という状態なのですが、妊娠時は子宮の圧迫で骨盤周りの血液循環が滞りがちなので、その骨盤のすぐ下にある肛門は、通常時よりはるかにうっ血しやすい状態になっているんですよ。

 

 

妊娠時の便秘で痔になってしまった場合、
手術などの本格的な治療はできない、と考えたほうがいいでしょう。
いったん痔になってしまった以上、とりあえずは痛みをやわらげたりする対処をするのが精一杯で、本格的な治療は出産後にしかできません。

 

痔の不快感が与えるストレスなども、心身の健康状態に大きな悪影響を与えてしまいますよ。

 

腸内で食べ物はどんどん腐敗する!

 

便秘というのは腸内に食べ物が通常より長くとどまることになりますから、腸内でどんどん食べ物が腐敗してしまい、
そこから毒素が発生し、その毒素まで腸が吸収してしまう、というのも見過ごせませんね。

 

そもそも「便がカチカチに硬い」「コロコロ」という状態は、必要な栄養を吸収しただけでなく、
余分なものまで吸収してしまっている可能性大、という状態ですからね。

 

「毒素を混ぜない、いい栄養を赤ちゃんに与える」
という意味でも、妊娠時の便秘を放置しておくことはけっして良くないということです