妊娠中の便秘薬しようについて

妊娠時の便秘における便秘薬の使用について

「妊娠時の便秘の対策を自分なりにいろいろ頑張ってみたけど、それだけでは便秘は改善されなかった」
という場合は、便秘薬の使用も視野に入れることとなります。

 

しかし、便秘薬を使うとなると、心配になってくるのは「薬の副作用が赤ちゃんに悪影響を与えたりしないか」ということですよね。便秘が治らないからといって、妊娠時に気軽に薬を使ってもいいものなのでしょうか?

 

妊娠時の便秘薬服用の最大の基本とは

 

「妊娠時に、
副作用のリスクがある便秘薬を使ってもいいのか」

 

というのは、便秘に悩む妊婦なら必ずと言っていいほど直面する悩みですが、この悩みに対する答えとしては

 

「医師が処方した便秘薬を飲んだほうが、ひどい便秘を放置しておくよりはずっとマシ」というところです。

 

 

そう、妊娠時の便秘薬服用は「便秘薬は市販のものを利用するのではなく、医師に処方してもらう」
というのが最大の基本なんですよ。

 

産科・産婦人科の医師が処方してくれる薬であれば、
妊婦と赤ちゃんへの影響を最小限に考えた「おだやかな処方」となっていますので、安心感が高いのです。

 

市販の便秘薬はリスクが高いの?

 

 

「便秘薬は医師に処方してもらうのが最大の基本」と聞くと、
「じゃあ市販の便秘薬は副作用のリスクが高いからダメなの?」
という部分はどうしても気になってきますよね。

 

実際、
「便秘のことで産科・産婦人科に足を運ぶのが大変」
という人もいるでしょうし。

 

これは結論から言うと、

 

「市販の便秘薬を多少飲んでも、それが赤ちゃんに影響を与えるリスクは少ないが、飲んでからの自分の体調は注意深く観察しておく必要がある」
 
というところですね。

 

市販の便秘薬は「万人向け、とにかく便を出せばいい」ということで、かなり強烈な作用をするものも少なくありません。ですから市販の便秘薬を服用して、もし「便秘が治るのを通り越して、激しい下痢になった」というような状態になってしまった時は、ただちに服用をやめましょう。

 

ですから「どうしても産科・産婦人科に行くまでに日数があるが、この便秘を何とかしたい」という場合は、市販の便秘薬を試してみるのもやむを得ないでしょう。もちろん、自己判断で服用量を増やしたり、医師にも言わず長期連用するのはNGです。

 

また、市販薬といっても「浣腸」を使うのはおすすめしません。浣腸は便秘薬よりもさらに刺激が強く、子宮の収縮まで誘発してしまう可能性がありますので、その分リスクが高いと考えられますよ。