妊娠によるホルモンバランス・体内環境の変化

妊娠時は便秘になって当たり前!?

妊娠した女性の多くは、便秘に悩まされることとなります。

 

その際に「今まで便秘体質でもなかったのにどうして?何か体がおかしいのかな」などと非常に強い不安を抱えてしまう人もいますが、そんな不安でストレスが溜まり、おなかの中の赤ちゃんに悪影響を与えてしまっては大変です。

 

妊娠時に便秘になったからと言って、そのこと自体を悲観的に考える必要はありません。なぜなら、妊娠時は便秘になりやすいというか、
ある意味
「便秘になって当たり前」と言っても過言ではない状況だからなんですよ。まずはそのことについてご説明しましょう。

 

妊娠時の便秘を招く2大要因とは?

妊娠時に便秘になってしまう大きな要因となるのが、

 

妊娠によるホルモンバランスの変化
子宮が大きくなることによる腸の圧迫

 

の2つです。

 

まず、妊娠した人は誰でも、体内でホルモンバランスの変化が起こります。

 

妊娠中は「黄体ホルモン」というホルモンが大量分泌されます。
この黄体ホルモンは、赤ちゃんが子宮内で育ちやすい環境を作るのに不可欠なホルモンで「妊娠時において、無くてはならない存在」なのですが、腸の動きを鈍くするという特性も持っています。

 

黄体ホルモンによって腸の動きが鈍くなってしまうと、当然、排便には不可欠の「腸のぜん動」も鈍くなってしまうため、便秘になりやすいということですね。

 

そしてもうひとつは、赤ちゃんがおなかの中で成長するにつれて、子宮も大きくなることから、この大きくなった子宮に腸が圧迫されてしまう、という物理的な理由も、妊娠中期以降の便秘に特に大きく関わっていると言われています。

 

ホルモンバランスの変化と、大きくなった子宮による物理的な圧迫、妊娠しているかぎり、
この2大要因を取り除くことは不可能です。

 

その他の便秘要因

 

妊娠時は、ホルモンバランスの変化や子宮による圧迫が発生するから、便秘になりやすいのは当然、
とはいえ、妊娠した女性全員が、ひどい便秘に苦しむわけではありません。
「多少便秘気味とはいえ、おおむね排便は良好」という人も多いですよね。

 

どこでこの差が出てくるのかと言うと、先ほどの2大要因以外に、
他にどれだけの便秘要因を抱えているかどうか、という点が非常に重要になってきます。

 

たとえば食生活や生活リズムの乱れ、運動不足、冷えなど・・・
こういった要因がプラスされればされるほど、妊娠時の便秘はひどくなりがちです。

 

逆に言えば、こうした他の便秘要因を徹底的に取り除けば、妊娠時の便秘も軽くて済む可能性が高くなるということです。

 

ですから妊娠時の便秘の対策としては
「自分で努力しようにもどうしようもない、2大要因についての対処はあきらめる」
といったいさぎよい気持ちを持った上で、他の便秘要因の対処を考えていくのがベストと言えるでしょう。